日本拳法とは
日本古来よりある格闘技のうちより、その最も強力で危険な当身技を中心として、投技逆捕り技をも含め、防具を着装することにより、危険度をなくして、実践に近い状態で練習及び競技を行えるようにしている、近代的な、総合格闘技である。

「日本拳法は少林寺拳法や空手とはどう違うか?」との問いにしばしば接する。

突く、打つ、蹴る。を練習するのだから、どれもが同じような
ものであるといえるが、起源、沿革、技術、どの面をとらえても
夫々に特色もあり、大いに異なる。

日本拳法は字の如く日本古来の格闘技から成っている点と
少林寺拳法、空手のように、中国拳法の技術から成っているものとの相違もある。

殊に日本拳法は防具を着装することで、安全にしかも思いっきり相手と撃ち合い、蹴り、投技や逆捕り技をも駆使出来る。この思いっきり当てることが出来る点が、他の格闘技との一大相違点といえる。

見た目では防具空手に共通するものがある。しかし、これらも思いっきり当てることはしないようだ。日本拳法の競技を防具なしで行ったなら、それは、古事記や日本書紀に見られる古代相撲そっくりになる。

記録のうえでは、古代相撲を起源とする我が国の格闘技術は、武士の鎧組打から柔道となり
現在では、返し技逆捕り技を中心とした合気道
投げ技を中心とした柔道、そしてこれらとは別に
力技を中心とした角力とに大別するに至り
それらでは危険であるとの理由から、
突く、打つ、蹴るなどの強力な武技である当身技を禁止技として
一部高段者のみに形として伝えられているにすぎない。

日本拳法はその最も強力で危険な当身技を防具を着装することで、より安全に、より実戦に近い姿で競技や練習を可能にしている。

形練習では習得し難いとされる。間合い、タイミング、撃力の加減が習得できるので、短期間である程度の技術を駆使できるようになる点が他の格闘技との違いということにもなる。
『世の為人の為につくす心をもつ
   さわやかな若者づくりをめざして』
このように、強力で危険な技を伝えるわけだから、ただ単に撲る蹴るを教えるだけでは粗暴人間製造所になってしまうおそれがある。

そこで、世間に通用する「礼儀や思いやりの心」を、日頃の練習とふれあいを通して、人間どうし当たり前のことを自然に出来るように

・「愛情と感化」
・「良いところ伝染」

を、指導者としてムチを持って叱りながら教えるのでなく、伸びる素養のあるものはどんどん伸びよ。
素養のうすい者も、素養のある者に感化されて、遅くてもいいから少しずつ伸びよ、なのだ。